いもねえちゃんのいも日記

33歳の施設録等の活動日誌

方向性が変わってきている。

10月位?にブログを復活させてから3か月位が経ちました。

ブログを再び動かすようになったのは、今自分がお世話になっている施設さん公認で小学生低学年生さんが書くような絵日記を書かせてもらいたかったからです。本当にゼロからの新規施設さんだもんでして。私はこの施設さんで、昨年2月からお世話になっています。そして今年の3月で契約が切れます。私の実生活を知る人はご存知なのですが、ここ1年で目まぐるしく実生活の環境が変わりました。その流れを記録に残しておきたいと思ったからです。公認て形を取ったからには、施設関係の話は他のメンバーさんの話はNG。あくまでも私限定で、体験したこと、感じた事を書くってことを条件に書いています。そりゃぁ、他の方の話を書きたいってこともある時もあるけれど、苦楽を共にしてきた大事な仲間(と、私は勝手に思っている笑)を身売りするような真似はできません。そりゃ、人柱は私一人だけで十分です。少人数で一緒にいる時間を重ねていく中でやりとりが発生するでしょ?そしたら、言葉を交わさなくても、相手の考えてることがなんとなくわかる瞬間てのがあるんです。やっぱ、メンタル壊しただけあって色んなことに敏感になってる自分の特長は使い方次第で毒にも薬にもなるんだなぁ…って、話がそれてきました(^^;

どうして記録を残しておきたかったというと、私が当事者の支援スタッフになることを近々の目標にしており、精神保健福祉士の資格は一応保有しております。その際、当事者による当事者への支援、精精支援(って言葉は正直あんまり個人的には好きではないんですが…)をするにあたって、自分の状況の変化や心の動き、治療経過等を他の方へ分かりやすく説明できるようになっていることが求められる条件の一つになっていたりするので、その訓練の為だったりもしています。自分自身が支援が必要であること、実際に支援の技法を間近で利用者の立場から見ることができることは本当に勉強になっています。昔は支援者側の立場でしかモノを考えることができなかったんで。ああ、こんな風に感じるんだなぁと自己負担ゼロで肌身を以て感じられたのは1年費やしてもお釣りがくるくらいの濃縮された経験ができたと思ってます。

あとは、そうですねえ。ブログを休止する前と再開してからとで何が違うかというと、大きく違うのは2つあります。①更新内容の濃度②実生活で私と付き合いのある人のほとんどがこのブログの存在を知っているの2つです。①は、私がくそがつくほど根が真面目だもんで、どっぷり気づいたテーマについて書き連ねるってことを以前はしていました。ですが、体力精神力を結構削る作業だったりするので.自分に無理しないでまったり楽しいものを書きたいと思っている節ありまして。方向転換を図りました。今は、毎日1回を目標に、適度にゆるく適当にがモットーになっています。②は、いつか自分がオープンにした理由も書くことになると思いますが、今現在、実生活での付き合いある方々も普通にこのブログの存在を知っている状態になっています。私の場合はたまたまですけど、持病を公開したことで後悔するようなことは今のところ特にありませんでした。周りに恵まれましたね~。とても大事にされているな、自分って思うようなことが増えてありがたいと思うことが増えましたよ。

また、国家試験が終わって自分に余裕が出て来たら、本気出してブログ記事を書くこともあるかもしれません。その時はまた、よろしくおねがいします☆m(__)m

 

なんでこんなブログ記事書こうかと思ったかというと、利用しているにほんブログ村統合失調症ランキングで、983サイト中67位とかいう高位置についているからです笑こんな内容のゆるいブログサイトが高位置につけてていいの?的な思いが発端で今思う事をちょっと紐解いてみました♪マイペースで好き勝手書いていくかと思いますが、それでも宜しければ、どうぞよろしくお願いします🎀