読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもねえちゃんのいも日記

統合失調症 33歳自由人の活動日誌

私はこれで失敗した!試験の不合格から学ぶ、失敗の大きな原因3点

社会福祉士・精神保健福祉士への道

f:id:imoneechang:20160619122006j:plain

この画像、筆者の昨年度の不合格通知です。こちらの画像から昨年の試験勉強をとりまく私の様子を紐解いていきましょう。

これが筆者の試験不合格の原因だった!

苦手科目が坊主(0点)科目を生んだ

坊主とは、0点科目のことです。0点科目があると総合格点が超えていても足切りという形で不合格になります。今回これに引っ掛かりました。あなたの得点というところを見るとお分かりなんですが、合格基準点から筆者の得点は超えていますが、内訳が画像の通り、無得点科目=0点科目=坊主があることで、すべてが無になる結果となりました。苦手科目の克服することにより、次回道が開ける事を願います。

 

勉強不足

勉強不足が0点科目を生んだとも捉えらえます。苦手科目であっても最低限、点数が撮れるだけの時間を割くことが大事とも感じました。科目における時間の配分量と難易度によってそれぞれ取れることに励むことがそれぞれ大事と思っています。文句を言われたくなければ四の五の言い訳つけずに勉強しろってところでしょうか。

 

自分におごったため

前々回の国家試験で精神保健福祉士に合格したため、今年もきっと受かるだろうといった自分に対する気が大きくなり、おごっていたのだと思います。何が起こるかわからない、最後の1分1秒まで気を抜かずに諦めないって気持ちでいないといけなかったにもかかわらず、自分にわけのわからない自信を持ち、余裕を構えていたためかと思います。実際の自分の現状を的確に把握できずに見失ったことが起因しているのだと今では感じています。

 

まとめ

あまり参考にならないかもしれませんが、あくまでも筆者の場合ということで、過去を振り返り分析をする意味合いでこのブログ記事を記させていただきました。筆者のような二の舞を踏まぬよう、皆さまどうぞ気を引き締めて試験勉強に挑まれることを願うばかりです。