いもねえちゃんのいも日記

33歳の施設録等の活動日誌

たまには思いっきり大声で笑ってみませんか?~笑いヨガのすすめ~

なんだか最近、大声出して笑った経験てなかったな、なんて思ったりすることありませんか?

 

f:id:imoneechang:20160610235631j:plain

私はあります。忙しくてしかめっ面で気持ちもなんだかどんよりしていて。いつも面倒くさがって声をちゃんと出そうとしなかったり。そんな悶々とした憂鬱な気持ちを吹き飛ばしたい人におすすめのプログラムがあります。

 

笑いヨガとは?

笑いヨガって何?ってことから始まるかと思います。

 

普通は、何かおもしろいことを見たり聞いたりした時に笑います。「笑いヨガ」はおもしろくなくても笑える方法です。ユーモア、冗談、コメディは必要なく、理由なく笑うのです。最初は体操として笑います。皆で笑っていると、笑いの伝染力が働き、だんだんとおかしくなって無理なく笑えるようになります。笑いの体操と、ヨガの呼吸法をあわせているところから笑いヨガと呼ばれています。酸素がたくさん取り入れられ、健康と活力が実感できます。体操としての笑いでも、おかしいと感じて笑っても、身体への健康効果は全く同じであるという科学的根拠に基いた方法で、体力が無い人も、笑う環境にない人も、自分で笑いたいと思う人なら誰でもが簡単にできます。1995年にインド人医師のカタリア博士がたった5人で始めたこの活動ですが、現在では全世界100カ国以上に広がっています。笑いヨガは、インドでは笑いヨガクラブとして公園や海岸等で行われている非営利の活動です。日本で言えばラジオ体操のようなもので、毎朝時間になったら地域の人が集まってきて、一緒に笑いヨガをやっています。笑いヨガは、「手拍子」「深呼吸」「笑いの体操」「リラクセーション」等で構成され、とてもシンプルなものですが、通常は笑いヨガリーダーが進めていきます。5分間の大笑いは、15分のボート漕ぎマシンに匹敵する運動量だといわれていますが、笑うと快ホルモンが発生するので、つらさを感じることなく楽しい気分で続けることができます。

引用:日本笑いヨガ協会より http://waraiyoga.org/

 笑いヨガってこういうものなんですね。理論はわかりましたので、実際に行ってみました。

 

笑いヨガを実際に挑戦してみた

f:id:imoneechang:20160611000022j:plain
いきなり笑い出します。どうしたの!?皆、笑うことって恥ずかしくない?って最初思いました。一番最初、慣れていないと緊張して震えていたりするんですが、それがいきなり大声を出して機械的に笑うとなると、感情が伴わないので笑うことに戸惑いを覚えました。しかし、時間が経つにつれて、笑いを通して、他のメンバーさんとコミュニケーションを取っているうちに相手の人となりがなんとなくわかったような気がしてきます。機械的に運動として笑うことに恥ずかしさを感じなくなり、慣れてきたころ、穏やかな気持ちが溢れてきます。そして、クールダウンのリラクゼーション。人の手を使って、クールダウンするんですけどそれがまた心地よいです。眠くなってきて、リラックスできるのだから不思議なものです。物足りないかな?と思ったところで、大体90分のプログラムが終わります。

 

まとめ

終わったころには憂鬱な気持ちは吹き飛んでいて、すっきりした心地の良い疲労感が漂っていることでしょう。なんだかこだわっていたことがバカみたいで、ちっぽけなことで。笑いヨガをしていた時間だけは普段の日常での嫌なことやもやもやが忘れられる、そんな時間であることかと思います。これを読んでくださって興味を持ってくださったあなたに、普段の憂鬱さなどの心の殻を破るきっかけが訪れることを願います。素敵な笑顔のあなたでいられますように。

最後に、今回取材にお邪魔しました笑いヨガの素敵なお二人の先生、一ノ宮博子先生と末廣美枝子先生に感謝申し上げます。

f:id:imoneechang:20160611000133j:plain
取材協力:タートル笑いヨガ

 

 

 

笑いヨガで超健康になる! (綴込付録:一人ですぐできるDVD付き)

笑いヨガで超健康になる! (綴込付録:一人ですぐできるDVD付き)