読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いもねえちゃんのいも日記

33歳の施設録・音楽♪等の活動日誌

たまには無心になりたい。そんなあなたにおすすめ。~ようこそ、大人のぬり絵の世界へ~

最近、なんだか何も考えないでいる時間がない。いつも、何かしら考え過ぎてしまってなんだか疲れてしまった…。そんなことありませんか?

 

f:id:imoneechang:20160610234216j:plain

 だけど、気持ちの切り替えがうまくできない。どうしたらいいんだろう。そんなあなたにおすすめなものがあります。

 大人のぬり絵とは?

ぬり絵です。え、ぬり絵なんて、小さな子どもがやることでしょ?と思うかもしれません。絵もこども向けだったり、キャラクターものが多いんでしょ?ってしかめたくなる部分もありますね。ですが、ここのところのぬり絵は一味違うんです。実は、この手の界隈では大人のぬり絵というものが流行しています。

大人のぬり絵と聞いて、何だろう?と思うかもしれません。基本はこども向けのぬり絵とさほど変わりません。ただのぬり絵です。ですが、ぬり絵の線画が大人の女性が好みそうな要素の詰まったものに変化を遂げて出回っていたりします。本屋さんで書籍として出回っていますし、インターネット上でも「大人の塗り絵 無料」で検索を掛けてみると、様々なダウンロードフリーの線画が出てきます。また、100円均一ショップでも大人のぬり絵が売られています。

実際に挑戦してみよう

f:id:imoneechang:20160610234414j:plain

用意するものは色を塗るための道具と線画です。今回は12色入りの色えんぴつを使用しました。線画は筆者の知り合いである、小林ふたけさん作による線画を用意しました。タイトルは「ゴシック少女」。さて、少しずつ塗っていきましょうか。


思いつくままに色をつけてみよう

f:id:imoneechang:20160610234609j:plain

普段、自分の中に固定概念って大なり小なりありますよね。それにいつの間にか縛られているから、辛くなってしまったり。たまにはそこから外れて、紙で表現する自分のぬり絵の世界の中ではちょっと遊んでみましょう。筆者は、以前茶髪に染めてました。茶髪命でした。なのでこの女の子も茶髪にしてみました。次、リアルじゃ着れないような配色の素敵なお洋服を着せたい。ということで、真っ青に薄い水色がかった白レースのヘッドセットに見えるように色付けしてみました。あと、顔。とりあえず化粧させてみましたが、少し濃くなってしまいましたね。

 

完成したら、ぬり絵をしてみた感想を振り返ってみよう

線画と実際に色付けしてみたものを比較してみましょう。絵の印象や自分の内面にある、心の動き等、色々と変わった部分があると思います。なんだか印象が少しリアルに近いような絵になりました。それはきっと、筆者が現実性を求める思考が強いのかもしれません。塗っている最中、どうだったかというと、集中してくると普段考えているような悶々とした何とも言えない憂鬱な気持ちはどこか吹き飛んでおり、無心でただ色を塗っている筆者がいました。出来上がったぬり絵に満足感を感じたのと同時に、筆者自身、このぬり絵をしている時間があっという間で気持ちの切り替えが出来た自分に対しても満足していました。

f:id:imoneechang:20160610234723j:plain

 

まとめ

f:id:imoneechang:20160610234802j:plain
このぬり絵という行為は、実際に精神科領域の治療やプログラムでも行われています。なぜなら、絵を介して自分の内側を表現するという、自浄作用があるからです。せっかくぬり絵をするなら、自分の気分が上がるような好みで素敵な絵を使って、自分自身が素敵であることを実感して満足したいものです。あなたの日常を彩る生活をほんのひととき、素敵なものになるようお手伝いできたら幸いです。あなたの心に平穏な訪れを。素敵な大人のぬり絵生活を過ごせますように。

 

ひみつの花園  花いっぱいのぬりえブック

ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック